直前期には「朝型」&「多数科目学習」の二本立てで!

今回は、直前期の勉強スタイルについてです。

「直前期」とは、文字通り、本番の試験の直前、本番間近の時期ということです。ということは、試験当日はどのようにå過ごすことになるのか?ということをイメージすれば、直前期に何を実行すればよいかが見えてきます。

直前期に実行すべき2つのこと

具体的には、次の2つのことを実行してみてください。

(1)朝型に切り替える
いままで深夜まで起きて勉強していた夜型の人は、朝型に切り替えましょう。本番の試験は朝9時くらいから開始されることが多いですが、人間は起床してから3時間程度経たないと脳が完全に働かないそうです。

となると、遅くとも朝6時には起床する必要があります。そこで、できれば朝5時起床をおすすめします。そうすれば、試験開始時間には脳の動きが全開になって、持っている力を100%発揮できます。

朝型への切替は、完全に切り替わるまで多少時間がかかるので、本試験の数日前にやってもうまくいきません。早め早めに切り替えるようにしてください。また、朝型に切り替えるのと同時に、夜は早めに寝るようにしてください。5時に起きるのであれば、遅くとも11時ごろには就寝する必要があります。でないと、朝型を維持することができなくなってしまいますから。


(2)1日に多数科目学習を行う
当たり前ですが、公務員試験の本番では、1日に数多くの科目を一気に解くことになります。

にもかかわらず、普段の勉強では、1日に2、3科目しか勉強しないということも少なくないと思います。試験当日までこのような勉強スタイルだと、本試験当日に数多くの科目を解こうとしても頭の回転がついていかず、持てる力を発揮できない、という危険性があります。

この時期からは、1日に少なくとも5科目以上平行して学習するようにしてください。できれば、1日のどこかに計算系の科目(数的処理や経済学)と暗記系の科目を混ぜて入れると良いと思います。

また、教養に偏ったり専門に偏ったりしないよう、幅広い科目を学習するようにしてください。そうすることによって、少しずつ少しずつ頭が試験本番モードに切り替わっていきます。

本番まであと少し。残りの時間を最大限活用して充実した直前期にしてくださいね!