直前期に点数が伸びる勉強法

4月に入って新しい年度となると、文字通り、「直前期」と呼ばれる時期に入ります。

毎年、残りの数週間で逆転合格を勝ち取る受験生が少なからずいますが、彼・彼女らの多くは、

(1)教養科目においては、新たな過去問集や問題集に手を出すことも厭わず、貪欲に1点を積み重ねるアウトプットを意識した「問題演習型」に切り替えてくる!
(2)専門科目においては、新たな問題集には手を付けず、これまで解いてきて解けなかった選択肢に絞って、その正答率を高めることだけに集中してくる!

という、『合格の黄金パターン』を持っています。

言い換えれば、

(1)広範な知識を使う教養科目では「守備範囲の拡大&知識の出力モード変換」
(2)厳密な知識を使う専門科目では「知識のブラッシュアップ&定着率の向上」

という勉強に特化しているということです。

直前期になると、どうしても不安になりがちで精神的にもつらい状況になることがありますが、これまでの合格者たちが通ってきた「王道」を信じて、直前期に最も点数が伸びる勉強法を実践してください。

もう少しの頑張りです!ラストスパート走り抜きましょう!!!