受験は迷いの連続

受験勉強に不安はつきもの

他の試験と同じく、公務員試験についても、数多くの勉強方法が存在します。受験生はそれらの中からいくつかを選んで実践していくわけですが、

「今やっている方法で合格できるのか?」
「今使っている問題集で本番で解けるようになるのか?」

といった不安を常に抱えながら勉強しています。

このような不安は、残念ながら受験生である限り避けることはできません。当然のことですが、合格者たちもまた、受験勉強の最中には不安に苛まれながら勉強していたのです。

合格者に共通するたったひとつのこと

巷では、合格者による勉強方法のアドバイスやおすすめの問題集など多くの情報が出回っています。しかし、合格者といっても、全ての点において正しい勉強方法をとっていたわけではありません。

「そういう勉強方法は避けるべき」とか「そんな問題集の使い方は効率が悪い」といった、いわゆる「地雷」を何度か踏んでしまっても、ちゃんと合格してしまうのもそれほど珍しいことではありません。

では、合格者は何が違うのでしょうか?
合格者に共通していることって何かあるのでしょうか?

それは、たったひとつ、

「途中であきらめずに最後まで勉強し続けたこと」

です。

受験勉強は試行錯誤の連続です。精神的に辛くなったり悩んだりするのが日常です。そのため、数多くの受験生が毎年途中で受験をあきらめてしまうのです。

実は、公務員試験に合格できない最多の理由は、この「途中退場」にあるのです。

たとえ少しばかり間違った勉強方法をとっていても、最後まで粘って合格する人が数多く存在する一方で、どんなに優秀な人でも、勉強を途中であきらめてしまえば決して合格できません。本番の試験で不合格になる人よりも、試験会場にたどりつく前に不合格になっている人のほうが圧倒的に多いのです。

付け加えれば、最後まで勉強を続けるという高いモチベーションのもとでは、勉強方法もだんだんと適切な方向に収斂していきます。ですからそれが間違いだらけになる、ということも実はほとんどないのです。

「途中であきらめずに最後まで勉強し続けること」

あまりにも当たり前だと思われるかもしれませんが、これまで多くの受験生に接してきて、本当に強く実感するのです。逆に言えば、最後まであきらめずに勉強を続けるだけで、かなり有利な位置まで浮上することは間違いありません。