公務員1年目の方々からのメッセージ

新型コロナウイルスの影響で、例年とは大きく違う受験状況になっています。日々の勉強にもなかなか集中できない状態の方も多いと思います。
そうした受験生の方々を少しでもサポートできればと思い、今年4月から公務員として任官された合格者に、現在の状況や受験時の勉強についてお聞きしました。

今回は2名の方からのメッセージををご紹介します。

質問内容
新型コロナウイルス感染症で研修や仕事にどのような影響がでていますか?」
「ご自身は受験生のとき試験直前期にはどう過ごしていましたか?」
「もし自分が今年受験していたらどうしていましたか?」


【女性 配属先 福祉系の部署】

<仕事の状況について>
新採研修は全て中止で初日から職場に配属され、テキストや書類が配られ、業務時間中に各自読み、期日までに簡単なテストを受けて提出するという形でした。他の部署に配属された友人は、週に2日程出勤する以外はテレワークと言っており、それはそれで疑問点を解決しづらく大変だとは言っていました。
委託契約先の団体が行う研修等の多くが中止となり、それに関する業務が増えた程度で私に直接的影響はそれほどありません(出勤しています)。チューター(や上司)がコロナ関係の業務の手伝いに行き1日隣にいない日があるので、その日はなかなか疑問点をすぐに解消できないという間接的影響は多少あります。

<直前期の勉強について>
とにかく自分が後悔しないことだけを考えていました。勉強には終わりがなくこれで本当に足りるのか日々不安になりキリがなかったので、ケアレスミスをしない・うろ覚えをなくすなど、当日に1番陥りたくない状況を回避することだけを考えていました。
『これだけやったのだからこれで落ちたら仕方ない』と自分が当日に思える状態だけを目指しそれを基準にして追い込みをしていました。

<もし自分が今年受験だったら>
試験日が決まるまでは集中が続かないと思うので、最低限やるべきこと(数的処理毎日何問、記述何個覚えるなど)を決めてそれをやり続けると思います。
そうは言ってもいつ受験になっても後悔しないように、最低限のレベルは保つ努力をし、試験日が決まったらすぐ追い込めるようにします。(私の基準はとにかく後悔しないことなので…理想なので本当に自分ができたかは分かりません。)そのためには息抜き大事だと思います。試験日が決まるまでは追い込みすぎないようにしてください。


【男性 配属先 議会対応系の部署】

<仕事の状況について>
私は庶務担当として、各部署からの調査依頼についての回答や庶務的業務、議員の届け出の処理など多様なことをさせていただいております。私の自治体では全体研修が無くなり、4月1日から実務をすることとなりました。課や庶務の先輩方は非常に優しく常に私のことを助けて下さいます。入る前に想像していた以上に優しく大変驚いています。
庶務が窓口ということもあり、先輩方は毎日新型コロナウイルスの対応やそれに伴う重要会議の準備を行っています。正直業務に関して何もわからない状態で忙しい時期に入庁し大変な部分もありますがやりがいも大きいです。特に新型コロナウイルスに関わる業務はまさに渦中のことであり非常にやりがいを感じます。

<直前期の勉強について>
去年と今年では環境が違うので主にメンタル面について書きます。
直前期は絶対に第一志望に合格するんだという気持ちを常に持つようにしていました。落ちたらどうしようという不安な気持ちも確かにありました。しかし、不安なことをいつまで考えていてもしょうがないと思い、出来るだけ受験に関してポジティブ思考でいました。例えば、こんなにやっているのに受からないわけがない!、上位合格してやる!、周囲の友人に受験することを伝えて志望先への意識を高くするなどです。
あとは周りと自分を絶対に比べないでいました。自分には自分のペースがあるので、息抜きするときはしっかり息抜きをして自分なりのペースで進めていく。これが1番合格するために重要だったかなと今も思います(大学受験の時は詰め込みすぎて失敗しました)。

<もし自分が今年受験だったら>
先程ポジティブ思考でいるようにしたと記述しましたが、正直前代未聞の環境で不安になってしまっていると思います。ただ、それでも合格するんだという気持ちだけは絶対に持ち続けているのではないかと思います。また、家での勉強になるので、自分の部屋、リビングなど時間に合わせて勉強する場所を変えていたと思います。そして、友人と電話等をして絶対に気分転換をしていたと思います。

<今年受験される方へのメッセージ>
最後に会場で受験するのは自分です。後悔の無いような受験生活を送って下さい。一緒に働けることを楽しみにしています。