私立文系の数的処理攻略法(前編)

公務員試験受験者を大学の系統別割合で見ると、最も多い系統は「私立文系」です。私立文系の大学入試では数学が必須科目ではないことが多いため、そもそも数学が苦手だったり、長期間数学から遠ざかっている公務員試験受験者が相当数に上ります。

そのため、公務員試験においてまっ先に苦手科目に挙げられるのが「数的処理」です。数的処理(判断推理、数的推理、資料解釈)は、統計やグラフ、図形の理解、計算などが必要ですから、苦手意識を持ってしまうのはある意味当然です。

数的処理に対する大きな錯覚

それなのに、公務員試験では一般的に、「数的処理ができなければ公務員試験に合格するのは難しい。数的処理を攻略できるかどうかで合否が決まる」などと言われます。

数的処理は、試験科目の中でも出題数が多く、公務員試験における最重要科目と言ってもいいわけですから、確かに、その言い方に嘘はないのかも知れません。

しかし、この「数的処理を攻略する」という使い古された言葉について、

「非常に多くの受験者がとても大きな錯覚をしている」

と、私は痛切に感じています。

すなわち、「数的処理を攻略する」=「数的処理を得意科目にしなければならない」という、とても大きな錯覚です。

これは、公務員試験受験者全体を覆う「強迫観念」のようなものと言っても言い過ぎではないでしょう。

しかしながら、もう一度冷静に、冒頭に述べた受験者の系統を思い出してみてください。公務員試験受験者のほとんどは、「私立文系」の大学生あるいは大学出身者なのです。

ですから、公務員試験受験者のほとんどは数的処理が苦手なのであって、つまり、

「公務員試験は、数的処理が苦手な人ばかりの集団で競う試験」

なのです。

したがって、その母集団の中で「数的処理を攻略する」ということは、決して「数的処理を得意科目にしなければならない」などという、高いレベルの争いではないのです。

あくまで全体の中の数的処理

誤解を恐れずに言えば、

「数的処理は、苦手なりのデキで十分!」

ということです。このことは、本当に声を大にして言いたいです。

なぜなら、数的処理の攻略という呪縛に囚われて受験戦略全体のバランスを失ってしまい、「数的処理の攻略にこだわりすぎたために、他の科目で自分の持つ力を発揮できずに合格できなかった」という受験生を、これまで何人見てきたかわからないからです。

このように、公務員試験受験者の多くは、あまり数学が得意ではなく、その中での競争になっているという状況把握は重要です。

数的処理以外の科目、たとえば現代文や英文読解といった、私立文系が強い科目において対策をおろそかにぜず、数的処理が足を引っ張らないように対策すれば、自然に合格しやすくなるのです。

では、こうした状況把握ができた状態で、あらためて、受験戦略全体の中の数的処理にどう立ち向かうか。具体的な対策については、次回また書いていきたいと思います。