試験全般-直前期

公務員1年目の方々からのメッセージ 2

この4月から公務員としてスタートを切った方々からいただいた、近況報告や受験生へのメッセージです。 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、昨年の合格者たちも、例年とはかなり異なる新人生活となり戸惑いもあるようです。そんな彼らは、受験直前期にど…

公務員1年目の方々からのメッセージ

新型コロナウイルスの影響で、例年とは大きく違う受験状況になっています。日々の勉強にもなかなか集中できない状態の方も多いと思います。そうした受験生の方々を少しでもサポートできればと思い、今年4月から公務員として任官された合格者に、現在の状況…

教養試験タイプ別★市役所試験直前追い込み法

で、9月の市役所の教養試験の傾向が変わったことについて書きました。 新たな教養試験は、 Standard = 標準タイプLogical = 知能重視タイプLight = 基礎力タイプ の3タイプに分かれます。 問題は、自分が受験する市役所の教養試験がどのタイプなのかと…

直前期の追い込みで一番おいしいのは社会科学

直前期になると、「直前期に何をしたらよいのか?」と不安になる方も多いと思います。そこで、専門、教養別に直前期の使い方をまとめました。 専門科目 「手を広げないこと」が何より重要です。 科目によって多少程度の差はありますが、知識と知識が論理的に…

第一志望ではないが、前哨戦として国家総合職を受ける方へ

毎年4月最終日曜日に行なわれることが多い国家総合職。国家総合職が第一志望の方はもちろんですが、第一志望は他にあるけど、日程的に早く行われるので受けるという方も多いと思います。 そのため今回のブログでは、国家総合職を第一志望として受けない方向…

試験会場で席に座ったらすべきこと

何かと不安がつきまとう本番の試験。でも、いくつかのことを意識すると、その不安を解消することができます。 試験会場で席に座ったら、次に挙げる「大切な3つのこと」を意識してください。どれも合格するために重要なことです。 (1)「自分だけは絶対合…

直前期には「朝型」&「多数科目学習」の二本立てで!

今回は、直前期の勉強スタイルについてです。 「直前期」とは、文字通り、本番の試験の直前、本番間近の時期ということです。ということは、試験当日はどのようにå過ごすことになるのか?ということをイメージすれば、直前期に何を実行すればよいかが見えて…

直前期に点数が伸びる勉強法

4月に入って新しい年度となると、文字通り、「直前期」と呼ばれる時期に入ります。 毎年、残りの数週間で逆転合格を勝ち取る受験生が少なからずいますが、彼・彼女らの多くは、 (1)教養科目においては、新たな過去問集や問題集に手を出すことも厭わず、…

ピークの持って行き方が結果を左右する

毎年4月末くらいから公務員試験が本格化します。4月最終日曜日に行われる国家総合職を皮切りに、約2か月間にわたって主要な公務員試験が全国で実施されます。 公務員試験の場合、日程が違えば併願はいくつでもできるので、1つしか受けないという方は少なく…

正解率20%と50%に注目!

公務員試験の模試を受験すると、後日、成績表を入手できます。成績表を入手したら、まずは各問題ごとの正解率が掲載されいているかどうかを確認してください。 個人の偏差値や順位などは正直どうでもよく、重要なのは、問題ごとの正解率です。正解率が掲載さ…

模試は目的を持って受ければ効果的

公務員試験予備校は、毎年2月前後から、国家一般職、地方上級、都庁、特別区、国税専門官、裁判所職員など、職種別に模試を行っています。超直前期の3〜4月くらいともなると、毎週のようにどこかの予備校で模試が行われます。 この模試については、 「勉…

「直前期」には2つの意味がある

毎年2月くらいから、少しずつ受験生の中では「直前期」という雰囲気が出てきます。 ここで「直前期」という言葉には、2つの意味が込められています。 1つ目は、文字通り、試験の「直前」だという意味。そろそろ本格的にエンジンかけて勉強しましょう!と…

模試はしょせん模試

年が明けてしばらくすると、今年の公務員試験に対応した模擬試験が始まるため、 「模試って、どのように復習するの?」 「そもそも模試って、復習すべき?」 といった疑問が出てきます。 オススメは、 ・模試を受けた当日にすぐ復習する・復習は原則1度だけ…