市役所関連

地方上級試験の教養論文は、その特性を踏まえて書く

都道府県庁や市役所の教養論文を書くとき意識したいのが、「受験先の自治体や地域の特性を反映する」という視点です。 教養論文で出題されるテーマの多くは、「国レベル」でみたときと「地方レベル」で見たとき、そして「各地方ごと」で見たときで、現状や背…

教養試験タイプ別★市役所試験直前追い込み法

で、9月の市役所の教養試験の傾向が変わったことについて書きました。 新たな教養試験は、 Standard = 標準タイプLogical = 知能重視タイプLight = 基礎力タイプ の3タイプに分かれます。 問題は、自分が受験する市役所の教養試験がどのタイプなのかと…

市役所の教養論文はパターン別に準備しよう

特別区、政令市などの教養論文では、人口減少対策や女性の社会進出の促進、外国人観光客対策など、特定の行政課題が具体的に出題されるケースがほとんどです。 それに対して、例年9月に実施される市役所の教養論文では、特定の行政課題を明示せずに受験者の…

傾向が変わった市役所の教養試験

2018年から、9月に行われる市役所の教養試験の傾向が変わっているのをご存知でしょうか? 実は、採用試験を自前で作っている自治体は、東京都や特別区などごく一部です。ほとんどの自治体は、 「日本人事試験研究センター」 という財団法人が作成した問題を…

C日程の市役所は「3つの愛」が鍵を握る

全国に800近くある市役所の採用試験は、その試験日によって大きく3つに分けられます。 最初に行われるのは、いわゆるA日程と呼ばれる試験。毎年6月下旬、政令市や政令市に匹敵する大規模な市役所の試験がこの日程で行われます。 次に行われるのが、B日程の…